judge-manです。~たまたま球に!~

judge-manです。
真っ白な雪の上になにやら足跡が・・・。
うさぎ?きつね?たぬき?小動物の足跡がありました。
この辺にもまだ野生の小動物がいました!
以前、コース内できつねとカモシカは見たことはありましたが。
迷惑なカラスは今は見ないですよ!カラーボールが無いからでしょうか?
  足跡です。(@_@)

金ヶ崎GC 3番ホールで伊藤君は2オンに成功。ピンまで約7メートル。
柴田君は3オンではあるがピンまで約1メートルに付けマークをして拾い上げた。
伊藤君はラインを慎重に読み、横目でラインを確認しストロークした。
その直後、柴田君はクシャミをした弾みで持っていたボールを落としてしまい
カップに向かっていた伊藤君のボールに当たってしまった。(@_@;)
伊藤君のボールはラインから外れ止まった。
伊藤君「なんでボールを落とすんだよ!ライン乗ってたぞ。入ればバーディー(と銀?)だったのに」
柴田君「ゴメン、ちょっと二日酔いで!この場合はお互い無罰でやり直しだよね」
伊藤君「やり直し!また上手くいくとは限らないよ!動いてる球の動きに影響を及ぼす行為
     をしたので柴田君は2打罰じゃないか?」
さて、この場合はどのようなjudgeになるのか?
正しいのは、柴田君です。柴田君の落とした球は、動いている局外者とみなされ
伊藤君は罰なしに再プレーしなければならない。なお、柴田君にも罰はなくマーク
して拾い上げた位置よりリプレースすればいい。ただし、故意にボールをぶつけた
場合は2打罰となる。
伊藤君は3パットをしたそうな・・・。

それでは、また!!judge-manでした~。

にほんブログ村NHG株式会社